自分自身のことを知る事が大切です

自分自身のことを良く知っている人は、恋愛も上手にこなして異性との関係も順調にこなします。
恋愛の達人になれるのは、自分を誰よりも詳しく知っているからです。
「自分のことを誰よりも知っているなんて当然だ!」と主張する人は多いでしょう。
しかしながら自分自身の内面だけではないのです。
周囲の人が自分をどう思っているのか――そこまで知っていてこそ自分を知っていると言えるのです。
だから自分を熟知している人が<恋愛の達人>と呼ばれるほどになるのは当たり前のことかもしれません。
自分の長所を好きな相手に上手に伝えることができます。
無理に自分を飾ることをする必要がない――嘘をつく必要が全くないのです。
普段の自分をさらけ出して自分の魅力を自然に伝えるだけで相手に対して魅力的に映ることが分かっているからです。
あなたが恋愛を上手にこなしたいならば、自分を正当に評価できるようになることです。
ひいき目に評価することもないし、劣等感を持って見る必要もありません。
あるがままの自分の長所や短所、周囲の人から印象をキチンと判断しましょう。
日常通りの自分を出すことができて相手に好意を持たれない場合は、あなた自身の評価と相手の評価にズレている部分があるのでしょう。
親友に話しをしてみて周囲からの本当の評価を一度チェックしてみると良いでしょう。

アピール

出会い系サイトに登録して、条件に会った人が見つかった時、相手の方にまずどのようなメールを送ろうと思いますか?
とにかく、相手の方に興味を持ってもらえるようにと、一生懸命に自分のことをアピールしようと思われるでしょうけど、
自分のことばかりを書くようでは、貴方に興味を持つどころか、メールの返事も出そうとは思ってもらえないでしょう。
つまりはこういうことです。
「初めまして。私は東京の○○区に住んでいます。年は○才で趣味は・・・です。
貴方のプロフィール写真を見て、話をしてみたいと思ったので、メールのお返事をぜひください!」
相手の人は思うでしょう。「この人は、プロフィール写真だけで相手を選ぶんだな」と。
考えてみてください。何のために、プロフィール欄があるのかと言うことを。
そこには、その人の情報がたくさん書かれているはずです。
特に趣味の欄は、相手に求める条件としても、絶対に目を通して欲しいと思い書かれているものなのです。
相手の方との共通点が多いほど、親しみがわいてくるものです。
ですから、プロフィール写真を見ただけで相手を選ぶようなことのないようにしましょう。

相手の人と共通点があった場合、それを織り交ぜたメールを送ってみてください。
先に書きました例文に、それを入れてみましょう。
「初めまして。私は東京の○○区に住んでいて年は○才です。趣味は映画鑑賞と書かれていましたけど、
私も映画をよく観に行きます。どんな映画がお好きですか?映画の話をできる人がいいなと思ってたので、
良かったらお話しませんか?お返事をいただけると嬉しいです」
こんな感じになります。
プロフィールをきちんと読んでくれていて、それでメールをくれたんだな、という印象を持ってもらえると思いますよ。
PR
エロイプ掲示板
スワッピング掲示板の楽しみ方
セフレサイト
テレクラ
出会アプリ
↑優良で人気が出る安心サイト